頑張っている人が報われる世の中に by いけっち の日記

いけっちです。夢は「頑張っている人が報われる世の中にすること」いま構想しているのはSNSのプロデュース業

なぜ面接官は初対面なのに高圧的な態度をとるのか

f:id:yacchi10034:20190602140325j:image

実はいま、転職活動中だ。

 

長期で引き受けていた仕事が終了となるため、食い扶持が半分になるためなのだが、やはり転職活動は大変だ。

 

まず、転職するにあたって求人を探さなければならない。

もちろん、

ツテという方法や、

コネという方法、

前職と同じ業種、

 

であれば転職活動はラクに進むだろう。

知り合いがいることや経験者であることは、転職においてアドバンテージだ。

 

しかし。

わいはそうしない。

わいは未経験に飛び込むのだ。

 

…転職活動は大変である。

未経験の業種に飛び込むことがこんなに大変だとは思わなかった。

 

「どんなスキルがあるの?」

「なにか実績は?」

「経験などお伺いして」

 

…ねえよ。バカヤロウ。

ぜんぶ独学だよ。

 

そりゃ、さすがにノー勉強で突っ込むのは無謀過ぎるかなと思い、独学でその分野を勉強してるよ。

 

しかし

 

「あー…じゃあウチで活躍できる分野は無いかと」

「あー…いまその部門は募集してないんだよね」

 

なんだよー。

未経験における転職活動がこんなに大変だとは思わなかったよぉ〜…泣

 

…まあ仕方ない。

こればかりは仕方ない、企業側だってタダじゃないんだ。

人件費がかかるんだから、慎重にもなるわな。

 

…ただどうしても気に入らないことが少し。

 

なぜ?

なぜ?

なぜ、新卒は未経験 スキルなしで雇うのか?

なぜ、新卒ではないだけで中途になるのか?

なぜ、院卒と変わらない年齢なのに中途という肩書きだと就職活動は難しいのか?

 

…いまいちよくわからない。

そして、さらにわからないこと。

さらに気に入らないことがもう一つ。

 

なぜ?

なぜ?

なぜ?面接官はあんなにも高圧的なんだ?

 

「はいはい」

「なに?」

「なにが聞きたいの?」

「ウチでは活躍できるところはないね」

 

…初対面だぞーーー!!!!

しかも採用を掛けてるのは自分たちだぞーーー!!!!

 

なぜ、会ってまだ15分ほどの相手にマウントを取られなきゃならんのだ。

どうせ、そんなふんぞり返ってる経営者とか人事のひとたちだって、婚活パーティーとかにいけば「へなへな、よわよわ」なるんだ。

 

婚活パーティーだったら

「どうですか?調子は?」

「いやーうまく声をかけられませんね」

「わー、わかります、緊張しますよね」

「はい、あまり慣れてなくて」

みたいになるんだ。

 

婚活パーティーでは立場が対等なくせに、

なぜ面接ではそんなに上から目線なんだ。

 

正直言うが、

採用する側と、される側の力関係で

 

する側>される側

 

というのは良くない風潮だと思うぞ?

その際で新卒のパワハラなんてものが横行してしまうんだ。

 

あいての会社に選んでもらう、のではなく、

こっちが会社を選ぶ、くらいの気持ちで活動をしていきたいもんだ。

 

良くない風潮を作り出す発端になってるのは、高圧的な面接官のせいだとわいは思う。

高圧面接をすることで、採用される側を萎縮させたら、本来のその人すら見えてこないし。

そんな面接を展開している企業のサービスを受けたくないという人も出てくるだろう。

 

将来の顧客も減るぞ?

いいのか?

高圧面接官!!

 

…以上!!