25歳・元経営者→無一文の「30歳までに隠居生活」ブログ

【経歴:大卒→社会人→管理職で部下を率いる→1年半で退職→ウェブライター→西アフリカ→帰国→ゲストハウスの共同経営者→退任して無一文→隠居するための努力なう】

背負ってるリュックに横から、がすンっって当たってくる人がキライ

リュックサッカー(リュックサックを背負う人の総称)は横からの攻撃に弱い

 

ぼくはリュック派です。

どこに行くにもリュックサック。

前にウェブライターの仕事を依頼されたとき、企業の社長に会いにいったんやけど、そのときもリュックでサイドポケットにタンブラーを忍ばせてたね。ちなみに服装はMa-1にジーンズ。

ほかにも、デートのときもリュックサック。

女の子に「えらい大荷物やなあ」と言われた、それもそやなあ。デートにマックブックと文庫本2冊と各種充電器とパスポート持っていくヤツもおらんわなあ。

「ちょっと持っといて〜」って渡したら、「アカン。重いわ。」って言うて道に置き去りにされたのは良い思い出。おいパソコンとパスポート入ってんねん。

 

そんなぼくは『リュックにガスんっって当たってくる人がキライ』です。

これはバスに乗ってるときやねんけどな、バス乗ったら、満席やってん。せやし、乗車口から少し前らへんに立っててん。

知ってる人は知ってるやろけど、京都のバスって乗車口がバスの真ん中やねんな。ほんで降り口が前やねん、運転手さんの横な。

やからおれが立ってる場所って人の『オーライ』が激しいねん、あっ往来な。

それがアカンかってんやろな。人がもうがすンっっがすンっっ当たってきてな。降りる人乗る人運転手さんに「これは京都駅行きまんのか?」って聞く人、聞かへん人みんなが。

 

ほんでリュクサッカー、あっリュックサックを背負う人の総称な、のみんなは分かると思うけど、リュックサッカーって横からの攻撃に弱いねんな。サイドからのプレスにな。

せやし、がすンがすン当てられると回れ右になるねん。おれバスの窓側向いてたのに、人の乗り降りが終わったら後ろ向いてたわ。一人だけアホみたいやん、みんな前向いてんのに。

「そんなん持ちこたえぇや。ふぃじかるやでふぃじかる。」とか気軽にデート相手の女の子は言うけどな。

ふぃじかるのもんだいちゃうねん。

じゅうしんがうしろに乗ってるねん。

さいどからぷれすされたら負けるがな。

ほおづえかて、前から腕どつかれても耐えれるやろ、横から腕どつかれみぃ?顔カクンておちるやろ。

デートの待ち合わせ中も河原町のOPA前でがすンっがすンっがすンっがすンっ。がすンっがすンっでおれくるんくるんやで。

 

やし、リュックサッカーには横からぶつかったらアカン。みんな避けて。どうしてもぶつかるなら正面から来て。立ち会いからの見合って、組み合うから。以上。