いけっちの日記 ミニマリストと効率化とコスパ重視と

いけっちです。26歳です。ミニマリストでコスパ重視、効率的な生活を送りたいと思っております。家事のコツや、時短テクを紹介するほか、みんなが好きそうなニュースや話題、便利グッズなども紹介していきます。(個人の感想付きです)

日本語教育を習ったぼくが教える訪日外国人に通じる日本語

f:id:yacchi10034:20160521073248j:plain

こんにちわ、ゲストハウスワーカーで日本語教師を志してた、やっちです。

日本に来る外国の人、増えましたね!

京都は特にすごい!

声をかければ外国の人(声はかけへんけど)ってぐらいたくさんいはります。 

でも外国人に話しかけられたときって、困りますよね・・・。

というわけで、そういう時の対処方法を、日本語教師的な目線からお教えしたいと思います。

日本語が分かる外国人でも聞き取りは苦手

外国人の中には日本語が少し分かるという人もいます。

ぼくはゲストハウスで働いていたからよくわかります。

例えば

「Arigato」「konnichiwa」「sayonara」「sumimasen」「gomennasai」「ookini」

などなど、知ってる単語を言うだけの人もいれば、

「Watashi ha …」「~kara kimasita」「Nihongo ha sukosi wakarimasu」

って言ってくれはる人もいて、すごいなーと思います。

でもこんな人たちでも、聞き取りは苦手です。

ぼくら(いわゆるネイティヴ)が普通に話してもぜんぜん通じません。

ネイティブの発音は早いんです。

なので、外国人の人たちは「聞き取りが苦手」と思ってください。

日本語で外国人と話す方法

では外国人と日本語で話す方法をお教えします。

ちなみに外国人に話しかけられたら、みなさんならどうしますか?

片言の英語でなんとか対応しますか?

せっかく日本語が少し話せるかもしれないのに?

もったいないです。

日本語で話してあげましょうよ。

 

「どうせ通じない?」

 

いやいや通じます。

僕がいまから挙げる4つのことに気をつけて話せば、あなたの日本語は、外国の人に通じます

片言の英語で恥ずかしがることもなくなりますよ。

1.です、ます で話す 

まずは語尾を「です ます」で話すようにしてください。

詳細はこちら。

www.movablevie.info

2.動詞を『普通形』で話す 

つぎに動詞を普通形で話すようにしてみてください。

例えば

どこへ行きたいんですか?→どこへ行きますか?

みたいな感じです!

詳しくはこちら!

www.movablevie.info 

3.ゆっくり、短い文章で話す 

そして「ゆっくり、短く」話をしてあげてください。

詳しくはこちら!

www.movablevie.info

4.標準語のイントネーションで話す

最後は標準語のイントネーションで話をしてあげてください。

イントネーションってとても大事なんですよ!

www.movablevie.info

まとめ

この4つです。 

これらに気をつけて外国の人と仲良くなりましょう!

これであなたも日本語教師になれる・・・かもですね。

なお、ここであげた4つの方法に関しては、日本語が少し分かる外国人に向けたものとなっています。

何も知らない外国人には効き目はないので注意してください。