頑張っている人が報われる世の中に by いけっち の日記

いけっちです。夢は「頑張っている人が報われる世の中にすること」ウェブ集客などの仕事をしたいです。

日本語教育を勉強した僕は「ゆっくり短く話すと訪日外国人に通じる」と教える

「ゆっくり、短い文章で話す」

みなさんはできますか?

日本人は短い文章で話すのが苦手かなと思います。

前回のおさらい・・・

ぼくはこんな記事を書きました。

www.movablevie.info

日本に来る外国人は増えています。

そうなると、外国人に話しかけられる可能性は高くなりますよね?

その時に片言の英語ではなく日本語で話す!方法をお伝えしたいと思い、今日は記事を書きます。

今回はその③です(①はこちら、②はこちら) 

ゆっくり話すとは

ぼくはここまで「ですます」で話すことと「動詞を普通形にして話す」ことを伝えてきました。

www.movablevie.info 

www.movablevie.info

言葉の選び方はここまでです。

ここからは「ゆっくり話してあげる」ことと「短く話してあげる」こと、つまり意識の問題ですね。

これもすごい大事なことです。

 

ゆっくり話すとは、 

ゆうっっくうりいはなあすといううことおではあなあく(←ゆっくり話しているつもり)、

1単語ずつきっちりと話してあげるということです。

例えば、

外:〜へ行きたいんですが・・・

日:それは 京都駅 から 電車 に乗って 行く ことが できます

みたいな感じですね。

こういう話し方をすると、ジェスチャーも自然について、より通じると思います!

短い文章で話す!

次に短い文章で話すとはどういうことでしょうか。

「電車やで!、バスで!、あっちやで!」

とかじゃないですよ?笑

これはただの冷たいやつです。

きちんと文章にしましょう。

例えば、

例:電車かバスに乗って、とりあえずあっちに行けば着きますよ。

これを短い文章にしてみますね

電車かバスに乗って

→電車かバスに乗ります(乗ってください)

あっちに行けば。

→あっちです(に行きます)。

着きますよ。

→着きます。

まとめると、

「電車かバスに乗ります。あっちに行きます。着きます。」

てな感じですね。

ゆっくり と 短い をあわせると 

ではゆっくり話すことと短く話すことをミックスしてみましょう!!

 

例1.それは京都駅から電車に乗って行くことができます

→それは京都駅から です。 電車で 行くことが できます。 

 

例2.電車かバスに乗って、とりあえずあっちに行けば着きますよ。

 →電車 か バス に 乗ります。あっちに 行きます。 着きます。

はい!

これは難しいかな。

実際に会って教えたい!!!!笑 

ではでは。

 

続きはこちらです。全4編あります。

www.movablevie.info