読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ マルチリンガルな人生論

京都出身のゆとり世代。日、英、仏(少々)のマルチリンガル。京都→パリ→セネガル→モロッコ→スペインの旅なう。

スポンサーリンク

就活面接で5年後、10年後の自分を聞かれる質問は意味ないと思う

f:id:yacchi10034:20161114161419p:plain

面接官:「10年後、あなたはどうなっていたいですか?」

やっち:「・・・生きていたいです」

こんにちわ、身軽にブロガーやってます、やっち(@movablevie1)です。

今日は就職活動の面接で「10年後どうなっていたいか」という質問に対して、意見を言いたいと思います。

「・・・っ、とっとりあえず生きていたいです」って答えたらまずいですよね?笑

10年後の自分なんてわからない

ぼくはこの質問に対して、正直に答えると「10年後の自分なんてわかりません」ってなります。

本当に正直です。

10年後なんて、わかるわけがないですもの。

生きていたら万々歳って感じです。

それに、面接官もわからないでしょ?とか思ってます。

なんでこんな質問するんだろう?

「10年後」質問の意図は?どう答えるのが正解?

キャリアパークさんの「10年後の自分を就活面接で聞く意図3つと具体的な考え方 | 就活のことならキャリアパーク

によると、

  1. 就活生の仕事に対するイメージ
  2. 就活生の成長意欲
  3. 就活生の数年後のキャリアプランの理解

を測る意図があるらしいです。

そして答え方は

業界への理解を深めた上で、具体性のある、自分の成長を意識した返答をしよう

とのことです。

 

 

それって無理じゃね?

まわりくどいし、わかるわけない、つまり意味ない

f:id:yacchi10034:20161114161813p:plain

まず「その質問で、その意図を測れるの?」って思います。

だって、もし仕事のイメージを聞きたいなら

「あなたは仕事に対してどんなイメージを持っていますか?」って聞けば良いじゃん。

まわりくどいわ。笑

 

それに、まだそこで働いてない人が具体性を持って答えられるわけが無いじゃん。

「まだ業界にも入ってません、まだ働いてないので具体的にはわかりません、成長はしたいです」が最適解じゃないの?笑

じゃあ「どんなふうに成長したいですか?」って聞けばいいし、わざわざ10年後を見越す必要も無い。

そもそも10年間、同じ業界同じ会社にいるかどうかもわからないですしね。

そんなことを言ったら面接で落とされるから、みんな言わないけど。

ちなみに業界研究はするべきだと思いますよ!
企業側もそれを測る必要はあると思います。

ただ、面接でする意味はない

ペーパーテストでやった方がいい

感想と評価

まとめると「10年後どうなっていたいか」という質問は

  • まわりくどい
  • 答えられるわけが無い
  • 下手なことを言うと落とされる
  • 面接でその質問をする意味は無いと思う

ということでした。

人間10年後にどうなっているかなんてわかりませんよ。

会社も同じ。

企業寿命は短くなっているって聞きますし、10年を見越すことすら危うい。

これからはいまを精一杯生きることが大切になってくるんじゃないでしょうか。

ってか、「10年間、同じ業界同じ会社にいるかどうかもわからないですしね。そんなこと言ったら落とされるからみんな言わないけど」ってイヤな感じですね。

企業の囲い込みに思えてくる。

では!

 

関連本:

正直者はバカを見る!?就職活動は徹底的にウソをつけ! (就活裏事情)

就活格差

アホ大学のバカ学生 グローバル人材と就活迷子のあいだ (光文社新書)

 

こちらもどうぞ!

www.movablevie.info

www.movablevie.info

www.movablevie.info

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で