読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

朝鮮学校の在日朝鮮人の知人に聞いた北朝鮮国民の生活と観光の様子

過去記事

f:id:yacchi10034:20161201022433p:plain

なんだか笑顔がまぶしいですね↑

こんにちわ、北朝鮮のプロパガンダには畏怖をかんじるやっちです。

国連安保理北朝鮮への新たな制裁決議を採択しましたね。(←タイトルそのままww)

www3.nhk.or.jp

北朝鮮との取引を減らそう!
それでもうお金無くなってミサイル作れないだろ!へへへ。(*´罒`*)

って目的らしいです。イヤらしいですね。

さて北朝鮮の話を聞いたら、

「そういえば、知り合いが北朝鮮行った話を聞いたことがあるな〜」

と思い出しました。

そのことを今日は書きたいと思います。

知り合いはいったい何者なんだ?

まずは知り合いの説明をしなきゃいけないですね。

その知り合い(仮にPさんとする)は在日朝鮮人です。

日本で生まれ、日本で育った在日です。

彼の話によると在日の人は北朝鮮に行くことができるそうです。

むしろ、朝鮮学校の人は修学旅行?で北朝鮮に行くんだとか・・・。詳しくは忘れました。

そのPさんは学生時代に何度か行ったことがあるのと、親戚が北朝鮮にいる?ので、何回か行ったそうです。

違う国に行くだけなのに「すげえー」って思ってしまったぼく。笑 ヘンでしょうか?

まあそんな感じです。

知り合いが北朝鮮に行った話

そんなPさんに話を聞きました。

Q:北朝鮮ってどんなところ?

A:ふつうだよ

Q:やっぱり見張られたりしたの?

A:いやー?そんなことは無いよ。

Q:住んでる人はどんな感じなの?

A:ふつうふつう!おれらと変わらないよ!

 

 

ふつうかww

 

いや「ww」はおかしいですね。

ふつうでいいんですよね。

なにを期待していたんだろう。

北朝鮮に行く」「北朝鮮に住む」というだけで興味を惹かれるのはなんなんでしょうかね。

まとめと感想

この話を聞いて、ぼくは北朝鮮に行ってみたくなりました。

Pさんに連れて行ってもらおうかな・・・。

ちなみにPさんは韓国語が話せます!

でも北朝鮮の韓国語と韓国の韓国語は少し違うそうです。

南と北とで国境線が引かれているだけなのに、どうしてあんなに異なってしまったんだろう。

それが歴史とか文化ですよね。勉強しないといけない。

では!

 

追記:

Pさん曰く、朝鮮学校でのテッパン豆知識は「バカチョンカメラ」だそうです。

バカチョンカメラとは、むかしあった使い捨てカメラのこと。

「チョン」とは朝鮮人のこと。

バカなチョン(朝鮮人)でも使えるカメラ なんだそうです。

これだけ聞くと、日本クソですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で