読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

海外好きの23歳純ジャパ男子が考える日本人としての価値を高める方法

過去記事

こんばんわ。

身軽にブログ書いてます、静岡と京都のハーフのやっち(@movablevie1)です。

最近、ふと思い出したんですよね。

ぼくが

海外に行きたがっていたり、日本語教師養成講座を修了したかった理由。

参考記事:

僕がまだ世界一周に行かない理由 
大学で教職課程を辞めた僕が日本語教師養成講座を受講した理由

 

ぼくって、ぼくの日本人って価値を高くしたかったんですよね。

日本人であることの価値

日本人って海外から見たら、とても礼儀正しくてマジメで勤勉で、時間を守る、細かい人種なんでしょ?

それに我慢強いとかキレイ好きとか、平和ボケとか。

悪い面もあるけど、良い面がたくさんあるじゃん。

それを活かしたいなーって思うのね。

ほかにも日本に生まれたってだけで、比較的中流の生活ができる場合が多いし、餓死する人間なんていないし、小学生でもスマホ持ってるし、バイトの時給は900円くらいあるし。

それだけでけっこう得してるんだよね。

ほかの国に行く時もまず観光ビザで行けない国あるの?ってくらいパスポート強いし(ロシアとかはダメ)。

「お前はチャイニーズか?」
「いやジャパニーズだ」
「ならいいぞ、乗れ、チャイニーズとコリアンはうるさいからイヤなんだ」

ってフィリピンのタクシーのおじちゃんに言われたことがあるし。

あー日本最高!笑

(代わりにすぐぼったくられるけどね)

日本人という価値を高める方法

それでおれが考えたのが、

まず日本語のことをちゃんとわかること。

は と が の違いもそう。

あれ と これ と それ の違いもそう。

日本語の勉強は、講座修了後でストップしてるからあんまり詳しくはないけど「日本語を外国語として見る感覚」みたいなのはついたしよかった。

 

次は日本の歴史と地理をちゃんと知ること。

歴史はセンゴク失敗の本質昭和史 戦後篇昭和史 1926-1945を読んで少しづつ勉強してるから大丈夫。

地理は日本一周しようと思ってたんだけど、ちょっと考え中なのね。

あとは地方の特産とか有名どころぐらいは知っておきたいな、

 

最後は外国語がたくさんわかること、

おれが英語とかフランス語、スペイン語を喋りたいなーっそれから海外行きたいなーっておもってるのは、自分の日本人としての価値を高める意味もあるんだと思う。

日本って先も言ったようにほとんどが中流層。

日本語ネイティブが海外にいたら役に立つことってたくさんあると思うのね。

例えばヨーロッパと日本だと8時間くらい時差があって、その時差を使ったなにかができるかもしれない。

他にももしアフリカのセネガルで日本がブームになったら、おれがフランス語を喋れたらすぐにビジネスができるじゃん(まだ喋れない)。

他にもキューバとかグアテマラの人が日本と直接取引したいって言ったら、おれが日本語できるし手っ取り早いじゃん(まだスペイン語喋れない)

日本をマーケットとして捉えたら、自分が日本の外にいると考えたら、

日本人って言う価値はとても貴重になるんじゃないかなって思う。

感想とまとめ

こんな野望を抱えているぼくです。

実は少し焦りもあるんです。

それは東京オリンピック。

東京オリンピックまであと4年、いや3年か。

いまインバウンドのブームって「東京オリンピック関係あるとか無いとか」言われてるけど、世界が日本に注目する機会ってなかなか無いと思うのね。

しかもスマホを代表するような通信機器がどんどん広まっていってる現代だと、地球の裏側で「ニホンハラキリサムライ」って言う人は減ると思う。

東京オリンピックをきっかけにね。

まだハラキリニホンしか知らない人が日本を知ったら、お金を稼いで日本に来たくなると思う。

その時までにおれは日本人としての価値を高めておきたい。

以上です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で