読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

身軽に生きる!やっちの経歴と人生と思考を公開します

過去記事

こんにちわ、やっちです。

 

年齢は23歳。

京都の大学卒業後、半年で会社を辞めてフリーランス見習いに。

現在はブログを中心に、ライター、愚痴聞きやってます。

 

そんなぼくの経歴を公開します。

どういう想いがあって、いまの生活を選んだのか。

それをつれづれと書いていきたいと思います。

【やっちとは】

【自己紹介】

こんにちわ、京都在住の23歳、男子、名前はやっちです。

身軽に生きてます。

小学校、中学校、高校は陸上部。

 

f:id:yacchi10034:20170202203042p:plain
(中学の時の写真 ↑ 新聞に載りました)

 

大学ではダンスサークルに入ってました。

ジャンルはPOP。

 

f:id:yacchi10034:20170202203712p:plain
(学園祭でのイベントでゾンビメイク)

 

いまはブロガー、ライター、サイト運営などなどをやってます。

 

f:id:yacchi10034:20170207201305p:plain

 

そんなやっちが高校生の時

f:id:yacchi10034:20170202204558p:plain
(プリクラ・・・。カワイイな)

 

高校のとある授業中。

 

「英語の授業が面白くないっ!」

「おれだったらもっと違う方法で教えるのに・・・」

「あっ、じゃあおれが先生になればいいんだ。」

先生になることを志しました。

 

やっちが大学生の時

f:id:yacchi10034:20170202204818p:plain

 

大学に入り、教職課程を履修していました。

しかし・・・

 

「先生って勉強を教えるだけじゃないんだよな」

「保護者会とか上下関係とか・・・」

「うん、なんかめんどくさい。」

実習直前で教職課程を辞退します。

 

その後、塾講師のアルバイトをしている時に

 

「おれこっち(塾講師)の方が好きだわ」

「でも、塾講師は会社には逆らえないよなあ・・・」

「あっ、おれが塾を開業すればいいんだ」

学校の先生になるのは辞めて、個人塾開業を決意しました。

 

しかし、

「先生にしても塾長にしても、教壇に立つ仕事だよな? 」

「22歳で塾長をやって、子どもになにを教えられるんだ?」

「色々なことを経験したあとにそれをやりたいなあ」

というわけで将来の夢が1つ決まりました。

[将来の夢vol.1「個人塾開業」]

 

そして自分の経験値をあげるため、世界一周を計画。

 

f:id:yacchi10034:20170202204944p:plain

 

でもふと訪れたフィリピンで、

 

「おれ、英語を全然喋れない」

「これじゃ世界一周しても面白くない」

「どうせなら世界中の人と喋りたい」

と感じました。

将来の夢2つ目、3つ目が決まります。

[将来の夢vol.2「マルチリンガルになる(英、仏、西、日)」]

[将来の夢vol.3「マルチリンガルによる世界一周」]

 

そしてこんなことをふと思ったんです。

 

「世界一周しながらできる仕事って無いのかな?」

「・・・日本語教師だ!」

45万円払って日本語教師養成講座を受講。

420時間コースを修了しました。

 

f:id:yacchi10034:20170202215138p:plain

 

そして日本語教師になるか悩む。

 

「日本語教師かあ・・・どうしようかな。」

「日本語教師は給料が少ないし、留学費用と世界一周費用は稼げない。」

「よし普通に就職だ!」

大学4回生でふつうに就活をスタート。

第一志望の教育支援企業(塾の運営)の内定をもらいました。

 

しかし、またしてもこんなことをふと思ったんです。

 

「塾講師って教壇に立つよな?(この考えに戻ってきたw)」

「教壇で堂々としていられるほどおれはなにかをしてきたのか・・・?」

「まだだな」

第一志望の教育支援企業(塾の運営)の内定を辞退。

 

ここで就職留年しそうになりました。笑

 

そんなときに当時のバイト先のゲストハウスの人手不足を聞く。

 

おれ「すいません、ここで働いてもいいですか?」

上司「いいよ」

内定をもらいました。笑

こうして外国人比率90%の京都のゲストハウスマネージャーとなったのです。

ちなみにこの時は大学4年の8月。

すぐにフルタイマーとしての雇用になりました。

 

【やっちとは「ゲストハウスマネージャー時代」】

f:id:yacchi10034:20170202214103p:plain

はじめの半年の仕事内容

  • 外国人観光客への英語での接客
  • 予約管理、施設マネジメント
  • 客室清掃 

 

ゲストハウスに入社して半年後

人手不足のため、新人がたくさん入ってくる。

上司「誰か新人指導をやってくれない?」

おれ「はい!やります!」

 

仕事内容:

  • 外国人観光客への英語での接客
  • 予約管理、施設マネジメント
  • 客室清掃 
  • 新人指導 

 

新人指導をしていると、人によって仕事のやり方が違うことに気付く

おれ「仕事のマニュアルを作っても良いですか?」

上司「いいよ」

 

仕事内容:

  • 外国人観光客への英語での接客
  • 予約管理、施設マネジメント
  • 客室清掃 
  • 新人指導 
  • 仕事のマニュアルの作成と管理

 

上司「予約サイトの手数料が気になるなあ・・・」

おれ「自社サイトに呼び込みましょう!フェイスブックページ立ち上げます!おれ管理します!」

仕事内容:

  • 外国人観光客への英語での接客
  • 予約管理、施設マネジメント
  • 客室清掃 
  • 新人指導 
  • 仕事のマニュアルの作成と管理
  • 広報用社外SNSの作成と管理 

 

上司「社員同士のコミュニケーションが不足しているし、社内SNSも作るわ。誰か管理してくれない?」

おれ「やります!」

仕事内容:

  • 外国人観光客への英語での接客
  • 予約管理、施設マネジメント
  • 客室清掃 
  • 新人指導 
  • 仕事のマニュアルの作成と管理
  • 広報用社外SNSの作成と管理
  • 社内SNSの管理

 

新人が育ってきて、おれの仕事が減ってきた。

 

仕事内容:

  •     、施設マネジメント
  • 客室清掃
  • 新人指導 
  • 仕事のマニュアルの作成と管理
  • 広報用社外SNSの作成と管理
  • 社内SNSの管理

 

おれ「誰もやってないけど、やっておいた方がいいことってなんだろう・・・! マーケティングだ!」

仕事内容:

  •     、施設マネジメント
  • 客室清掃
  • 新人指導 
  • 仕事のマニュアルの作成と管理
  • 広報用社外SNSの作成と管理
  • 社内SNSの管理
  • 顧客情報の収集と整理、お客さん向けアンケートの実施と管理

 

部下「タオル運ぶのめんどくさい・・・」

上司「タオルの消費量が増えてるなあ・・・」

おれ「タオルの消費量を減らせるかもしれないアイデア考えました!」

仕事内容:

  •     、施設マネジメント
  • 客室清掃
  • 新人指導 
  • 仕事のマニュアルの作成と管理
  • 広報用社外SNSの作成と管理
  • 社内SNSの管理
  • 顧客情報の収集と整理、お客さん向けアンケートの実施と管理
  • 消耗品の経費を半分にする施策の企画(結果的にタオルの消費量が半分に、タオル運搬にかかる時間も減らした) 

 

この時期に他にやっていたこと

 

1.静岡でゲストハウス開業を目論む

 

京都のゲストハウスに勤めていたこともあって、自分でゲストハウスを作りたいなあーと思っていました。

そこで静岡に目星をつけて連絡してみました。

 

ぼく「ぼく静岡でゲストハウスをやりたいんです!こんど静岡をぐるっと回ってみようと思っています!よろしくお願いします!」

 

すると、こんな返事が返ってきました。

 

移セ「なるほど、では何人かにアポイントメントをとっておきますね!」

 

合計3回の静岡渡航で行政担当者、地域おこし協力隊、地域おこしNPO法人、移住者、不動産会社代表といった、合計30人くらいの方々にお会いすることができました。

 

2.コーヒー代英語教師を開業

 

何かの本を読んでいたときに「50円○○」を発見しました。

「50円○○」とは「50円で自分の1日を売ります!」とかそういったものです。

それを見たときに

 

「おれにもなんかできるんじゃね!?」

 

と思い、「コーヒー代英語教師」を始めました。

オンラインで受講生を募って、カフェで対面して英語を教え、カフェ代は受講生のおごりというものです。

 

【やっち会社辞める】

 

ここまでで、勤めだして1年と2ヶ月。

大学を卒業してまだ2ヶ月しか経ってないころでした。

 

フェイスブックにて田舎フリーランス養成講座を発見

f:id:yacchi10034:20161002174339j:plain

 

「田舎フリーランス養成講座かぁ」

「1か月、千葉でフリーランスになるための勉強ができるんだ・・・」

「面白い人がいっぱい来そうだなぁ」

「行きてえなぁ、でも1ヶ月間、会社を休めるかなぁ?」

「よし、会社を辞めよう。

 

→会社に直訴

→社長に引き止められる

→交渉の末、田舎フリーランス養成講座参加の許可をもらう。その代わりに一度戻ってくることを約束

→田舎フリーランス養成講座を修了

 

f:id:yacchi10034:20170202212758j:plain

 

→ゲストハウスに戻る

→やっぱり辞めたくなった

→おれ「すみません、やっぱり辞めます」

 

こうしてぼくは新卒から半年、合計1年半勤めた会社を辞めました。

そしてフリーランスとしてのキャリアをスタートさせました。

 

【やっちの現在】

 

f:id:yacchi10034:20170126202700p:plain

 

田舎フリーランス養成講座中に、リスタートしたブログを継続。

それとクラウドソーシングで10万稼ぐ

ライター業にはまる

やっぱりブログが書きたくなった

ライター業の継続を断る

ブロガーになる

 

現在はブログサイトの運営を行ってます。

あと愚痴聞き屋もやってます。

 

【やっちの夢】

 

・マルチリンガルになる

・マルチリンガルで世界一周する

・ゲストハウスを開業する

・ゲストハウスを複数、開業する

・中学生向け個人塾を開業する 

 

【やっちの夢への過程】

1.マルチリンガルになる(喋れる言語:英語 日本語、勉強中の言語:フランス語)

2.マルチリンガルで世界一周

3.海が見えるところにゲストハウスを作る

4.自分の英語塾をもつ

5.田舎で自給自足

 

終わりに

 

見ての通り、ぼくはふわふわと生きています。

身軽に生きる。というブログ名の通り、興味の赴くままに身軽に動いています。

 

「お前はなにがしたいんだ!?」

 

とたまに聞かれることもあります。

最終的なゴールを人に尋ねられている気がするのですが、それはぼくにもわかりません。

ただ興味の赴くままに行動していれば「コレっ!!」というものが見つかるんじゃないかなあと思っています。

 

ぼくは勇気があるわけではありません。

ぼくは頭が良いわけでもありません。

ただ好奇心を追求しているだけです。

 

その結果、みんながしたことがないようなことをしています。

これからもみんながしたことがないようなことをやっていくつもりです。

 

なにか聞きたいこと、気になることがあればいつでも連絡してください!

ぼくなんかでよければお話しします。

むしろぜひお話ししましょう!

 

→Twitter:池口泰徳(やっち、やっちゃん) (@movablevie1) | Twitter

→Gmail:yacchi1654@gmail.com

→Facebook:Ikeguchi Yasunori で検索

 

(最終更新2017年3月29日)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で