読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。大学卒業後、半年で会社を辞めました。3月から海外をぶらぶらしてきます。

【スポンサーリンク】

元ゲストハウスマネージャーで英語講師のぼくが教える日本人英語のコツ

過去記事

f:id:yacchi10034:20161205191703p:plain

こんにちわ、元英語の塾講師、そしてゲストハウスマネージャーをやっていたやっちです。

以前こんな記事を書きました。

www.movablevie.info

この中でぼくは「日本人は英語を話せる」と論じています。

なぜなら日本人はたくさん勉強してきたからです。

しかし日本人は口が慣れていないです。だから話せないような気がするんです。

でも安心してください。ぼくがコツを教えてあげますから(・・・なんかちょっといやらしいな)

英語と日本語の違い

まずは、英語で話すコツを伝える前に、英語と日本語の違いを知っておく必要があります。

もちろんアルファベットとひらがなは違います。ふざけました、すみません。

ぼくが特に違うと思っているのは、言葉の順番です。

英語は1.主語(私は)2.動詞(します)3.目的語等(〜を)

という感じですが、

日本語は1.主語(無い場合が多い)2.目的語、3.動詞

の順番になります。

この順番の違いは大きいです。日本人がパニクるのもよくわかります。

なので、英語と日本語は違うということは強く意識してください。

英語で重視すべきポイント

では英語を話すときの話をしましょう。

英語を話す際には特に重視すべきポイントがあります。

それは

  1. 動詞
  2. イントネーション
  3. 自信

の3つです。詳しく見ていきますね。

1.動詞

動詞は英語において一番大事な部分であるとぼくは考えています。

動詞が100%分かれば他の単語は無くても生きていけるんじゃないかな、と思うくらいです。(さすがに言い過ぎました)

英語が話せない日本人の多くはこの動詞をおざなりにしてしまう傾向があります。

なぜなら、日本語で動詞は一番最後に来るから。

日本語では動詞が来るまでに話の内容を予想できます。

一方の英語においては動詞は2番目に来ます。

動詞がわかれば、あとの情報は補足みたいなものなんです。

このような認識をしておいてください。

2.イントネーション

続いてはイントネーションです。

イントネーションは日本人は苦手です。

なぜなら学校で習ってないから。

中学時代の英語を思い出してください。

発音が良い人が教科書を読んだら笑われてませんでしたか?(ぼくの学校だけか?)

教科書を上手に読もうとしたら恥ずかしくなりませんでしたか?

日本では、英語を上手に読もうとすると「気取っている」みたいな感覚になるんです。

だから教科書の音読をボソボソ読むんですね。

3.自信

最後は自信です。

日本人の英語は自信がなさ過ぎる・・・

「おれの英語正しい?」みたいな不安がよぎっているんだと思います。

でもね、外国人は正しい英語を期待していませんから。会話は授業じゃないんです。

一回で通じなかったらもう一回言えばいいんです。

たまに外国人さんにイヤな顔されるかもしれませんがそれは外国人さんがただ聞き取れてないだけ。

はっきり話せば伝わります。正しくなくても。

英語を話せるコツとは

日本人でも英語を話せるコツ。

それは、

 

動詞を強く意識して、イントネーションはかっこつけて、自信を持って話す。

 

ことです。

例えば、海外旅行先で「○○に行きたい」と言うなら、

I GO to ○○!

日本で「○○はどこにありますか?」と聞かれたなら、

○○ is there ! Go straight, 15 minuts by Walk

こんな感じで、かっこつけて、自信をもって話してください。(文字じゃ表現できないな)

感想とまとめ

いかがでしょうか。

日本にいえば、英語を使わなくとも行きていけます。

でも英語が使えたら海外でも仕事ができます。世界が広がります。

www.movablevie.info

ぜひ挑戦してみてください!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で