読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

身軽に生きたいブログのターゲットとコンセプトを考えてみた

過去記事

こんにちわ。身軽にブロガーのやっちゃん (@movablevie1)です。

実はこのブログは、スタートしてから約半年。本腰入れ始めてから2ヶ月で記事数は130を超えました。

100を超えてからはリライトをしてみたり、自分の投稿を見直してみたりしたので、もっと更新している感覚はありますね。

とまあ、今日はこうして続けている、身軽に生きるブログの「ターゲット」と「コンセプト」をしっかり考え直してみたいと思います。

ターゲットとコンセプトを考え直す理由

いままで考えてなかったのは・・・

いままでそんなものはろくに考えたこともありませんでした。

理由は、よくわからなかったから。笑

「よくわからない」というのは、何故このブログを書いているかもそうだしそんなものを決める理由もそう。

よくわかんないことは、とりあえずやっていってから決めましょうという感覚だったんですよね。

最近は相手がブレる

で僕は更新していくにあたって思ったのが、「どんな人が読んだらこれをおもろいと思う?」ってことです。

そもそもたくさんの人が読んでくれたらそれはそれで良いんですが、それだとたくさんの人の心には刺さらないような気がしてるんです。

会社で言うところのマーケティングみたいなものですかね。

こだわりや強み、そしてターゲットを決めないままだったら、万人に受けるものを作り続けるしかなくなってしまう。

そうすると、多くの顧客は満足しても、会社側は経費超過に陥りますよね。

満足する基準が千差(万差)なのに、万別に対応しなきゃいけないから。

ということはお金も時間も使っているのに誰の望みも叶えられないことになりかねないです。

そうなると経費を抑えなきゃいけない、すると質は落ちて顧客が離れていき、結果万人どころか千人に受けるものすら作れなくなる

 

万人ウケするなんてはじめから無理だということには気付かないといけないんですね。

だから、僕もとりあえず手を動かしてみた100記事を経て、自分の伝えたいコト、伝えたいヒトを考えることが必要なのかと思ったわけです。

そして自分がブレる

でも考えなきゃいけないのは相手のコトばかりじゃない、自分のコトも考えます。

つまり自分が「イヤだ」と思ったことは書きたくないんですよね。

すげーわがままです。でもブログだったらいいかなーと思ってしまう部分もあります。

 

実はこういうのって確固たる自分を持っていれば心配ないと思うんですよね。

けど、確固たる自分は、自分の解釈で決まるんです。

 

解釈は憲法に関しても規定するぐらいなんだから、

僕も心に秘めている「確固たる自分」を明記して、規定しないといけないと思いました。

国の政治がブレても、自分はブレさせないように。

ターゲットとコンセプト

というわけで考えてみました!!どうぞ!!

このブログのターゲット

しがらみから逃れることができず、縋って(すがって)いることに気付いていながらそれを打開する手だてが思いつかない人や縋っていることにすら気付かない人、そして好奇心を追求したい人。

このブログのコンセプト

そのターゲットに向けて、僕自身が身軽に生きることを体現し、発信する。

身軽に生きるとはしがらみと一方的な縋り(すがり)からの脱却、そして好奇心を追求し生きていくこととする。

平たく言うと

したくないことはせんでええやん。

感想と評価

これからもよろしくお願いします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で