読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

写真と近況を書くだけ?今更聞けないFacebookの意外な活用方法

過去記事

f:id:yacchi10034:20160921184013p:plain

 

courrier.jp

Facebook世界を変えたサービスの1つだと思います。

人間関係が希薄になりがちな現代において、人と人のつながりをもたらしたサービス。月間アクティブユーザー数が16億人と地球上の4人に1人が関わるそんなFacebookのすごさ。みなさんはわかりますか?

「近況書いて写真をあげてみんなに共有する」、この程度だと思っていませんか?

今日はFacebookの意外な使い方を紹介していきたいと思います。

 

 

自分向けクラウドアルバム

Facebookで写真をアップする際、みんなに見てほしくてアップしますよね?

例えばおいしいご飯を食べたり、旅行に行った写真を挙げたり、その写真を加工してみんなに共有しよう!!と思ったりしますよね。

でもスマホで撮った写真を、パソコンに読み込んで、線をつないで・・・ってめんどくさくないですか?

そんなとき役に立つのがFacebookです!

 

Facebookには ”公開範囲設定” と言うものがあり、公開、友達・・・と最後に”自分”があります。そこで”自分”を選び、写真をアップします。

そうすれば自分にしか見れないアルバムが作成されて、実質クラウド上に保管されたことになります。

これは携帯を変えるとき、写真を別のところに避難させる意味でも使えるのでオススメです!

名刺代わり

世の中のビジネスパーソンへ、名刺はお持ちですか?

名刺は自分の肩書き今の仕事など相手を印象づける大事なアイテムの1つですよね。でもこれ、Facebookで代用できませんか?

そのほうが簡単で効果があって、タイムラインに表示されたりするので、ずっと続く関係になるとおもいます。

また例えば名刺を切らしてしまった場合でも、ただ名前を名乗って話すだけよりも、「Facebookを見ていただければわかるんですが・・・」と言った方が自分のことをよくわかってもらえそうじゃないですか?

そう言う意味でFacebookを充実させることには意味がありますね。ビジネスパーソンなら相手に印象づけるところから勝負は始まりますから、こういうところで差別化をはかっていきましょう!

マッチング。笑  

昔だったら、出会いを増やす手段ってなったらお見合いとか、あとは合コンとか、勇気があれば飲み屋を回るとかってのがあったみたいですが・・・

これらって生産性悪くない?笑

お見合い:数時間かけて、高いお金払って、新しい出会いの数は 1 人

合コン:2時間とかの飲み屋に行って、3000円くらい払って、 3 人 

飲み屋回り:酒代つこて、歩き疲れて、 0 人 かもしれない

でもいま!気になる人にはFacebook申請してメッセージ送ればつながれるかもしれないですよね!?

そうやってFacebookを出会い目的で使う人はそこまでいないとは思いますが、ただ不可能ではないということだけは紹介しておきますね。

まとめ

その昔、出会い系サイトってめっちゃあやしくて犯罪に巻き込まれる率が高そうなイメージってありませんでした?

ぼくはあって、そういうのが怖くて、サイトに間違えて入っただけでもビビってました。ネットに個人情報のせるとかやばくない?悪用される!家ばれる!みたいな感覚です。でもそれがいまではぜんぜん変わっていて・・・

むしろ自分はこんな人間です!ここら辺住んでます!趣味はこうこう、仕事はこうこうです!ネットで発信することが重要になっている気もします

その立役者。セルフを発信するメディア。それは ”Facebook” なんだろうなと思ったりするわけです。

なのでみなさん!Facebookは積極的に活用していきましょう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で