読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

僕が海を求めて移住先を探す理由 静岡県にゲストハウスを作ろう - 新卒で京都のゲストハウス勤務の23歳、彼女無し、パンケーキとカフェと読書が好きな、元陸上部、高身長英会話ダンサー男子とは。番外編その3

過去記事

番外編一覧。

www.movablevie.info

www.movablevie.info

というわけで番外編、その3です。

 

静岡への移住を考えていました

なんで静岡?

海が好きなんです。笑

どうにかサーフィンができそうなところに住みたいという思いが強く、グーグルアースで太平洋沿岸を旅することもしばしば。

だから福井に行ったり、静岡に行ったり、千葉に行ったりするんですね。

もうひとつ。

静岡はお母さんの実家です。

お母さんは静岡県焼津市出身で、年に1,2回旅行に行ってました。

第2のふるさとと言えば聞こえは良いですが、懐かしく感じるような、そんな場所です。

静岡へ行ってみた!(第1弾 - 弁天島、浜松、磐田、牧ノ原、焼津、静岡)

というわけで静岡に行ってみることに。

静岡って東西に長いんですよね。鈍行列車だと3時間以上かかったと思います。

だから選ぶのも難しい・・・なら全部行ってみよう!

ということで第1弾は浜松から静岡市までを車で移動することに。

アポイントメントがすごい

静岡に行く前、とりあえず「静岡移住支援センター」にFacebookでメッセを送りました。

「すみません!静岡に移住してみたいんです!将来的には静岡でゲストハウスを作ってみたいと思っています!」

そうしたら磐田市役所さん牧ノ原市役所さん静岡市役所さん、静岡市Uターンいちご農家さんとアポをつないでくれました。1泊2日で移動距離100kmでアポ4つ・・・

さすがにくたくたでした。

でも調べても出せない、貴重な話を聞けて本当に良かったです。ありがとうございます。

f:id:yacchi10034:20160915184007j:plain

撮影:御前崎の近く、歩いている人は同行してくれたぼくの先輩です。

静岡へ行ってみた(第2弾 - 熱海、伊豆、富士、富士宮、静岡)

やっぱりアポイントメントがすごい

二度目の来静です。

1泊2日で熱海から車移動

また移住センターの方に連絡させていただきました。

「すみません!前回はお世話になりました!次は東から攻めて行きたいと思っています!」

そうしたら熱海のリノベカフェロカさん(残念ながら代表の方にはお会いできなかった)、伊豆の地域人材開発のドットツリーさん、富士市のLUMBER YARDさんとマルイチビルさん 、富士宮市役所さん、合計5つ?アポとっていただいて、

いやいやいや・・・ 笑

お世話になり過ぎでしょ!!

1泊2日で、やっぱり100km弱の道のり。こってり味わい深いにもほどがあります!

ただ行政の方はもちろんのこと、別で地域づくりにコミットしておられる方とのお話はとても貴重でした。

静岡へ行ってみた(第3弾 - 静岡市)

三回目の静岡訪問は事前に伺うとだけ連絡したところ、静岡市役所のパワフルなYさんのみっちりこってりプランで案内していただきました。

静岡市の知らない顔をたくさん見た

今回の来静は静岡市のみにフォーカスを当てました。

静岡県の中でも静岡市ってやっぱり一番の都会なんですよね。一通り都市を回ってきたんでよくわかります。

でも車で30分も走れば山だったり海だったり。

海はイメージつきやすいですが、山はこんなにあるとは思わなかった。

しかもその山を目的に移住してきている人もおられたし、やっぱり静岡市はいいところだなと思いました。

アポイントメントが半端ない

パワフルYさんのみっちりプラン。

その名に違わない濃度でした。

会った人の数、行った場所の数、わかんなくなるほどです。(ごめんなさい、手元に資料がない)

なんかもう途中から申し訳ないくらいの・・・

「なんでおれこんなに尽くしてもらってるんだろう」

「しかも行政の方やゲストハウス関連の方だけじゃなくて企業の方や学生まで巻き込んで。」

「一番の理由は”海が好き”なのに。(色んな人を失望させかねない発言だな)」

静岡でなにしたいの?

僕は静岡ではゲストハウスをしたいと思っています。

僕がイメージするゲストハウスは海沿いにあって、海が見えて、一階がつつ抜けの打ちっぱなしのコンクリート壁。

二階より上は宿泊スペースで、一階はコワーキングスペースとしての活用もできる感じ(二階泊まれるよ?的な)。近くに畑があって、自分の食べ物は自分で作ってたい。

働く人は「働きたいです!」って言う人じゃなくて「お客さんと喋りたいです!」って言ってくれる人が良い。

お客さんはフリーランサーやテレワーカーに来てほしいし、旅人にも来てほしい、もちろん訪日外国人も呼び込みたいし、カップルがデートに使ってくれてもかまわない。

ご飯はめんどくさいから出さない。けどキッチンは1つは欲しい。あとは朝夜はおすすめの食堂にお客さんを連れて行ったりもしたい。

朝サーフィンに行って(まだ立てない)、帰ってきたらチェックインのお客さんが待ってる、そんなのも面白い。

一年の半分はそこにいても、もう半分は違う国にいたい。

最終的にはそのゲストハウスを宮崎と岐阜にも作りたい。

それで完成して、軌道に乗ったら、それぞれをゲストハウスやりたいっていう人にあげたい。

そんで「ただいま!」って言って、ふらっと泊まりに行きたい。

 

そんな野望の始まりを静岡でしたいと思ってるんです。

f:id:yacchi10034:20160915224200j:plain

終わりに

池口の静岡訪問に際し、助けていただいた方、お話ししていただいた方、本当にありがとうございます。

ただこれだけたくさんの人に関わっていただきながら、たびたび静岡に訪問しながら(実はこのあともう一回静岡行ってます)移住はまだしていません

そしていつ行くとかも決められていません。

理由は、正直言うと、根を張る勇気がないんです。

根無し草のようにふらふらしながらベストなところをみつけたい、やりたいって思った心に忠実でいたいんです。

だから先のことがまったくわかりません。

ぼくは心配性で神経質です。でもそれは身軽じゃない

身軽になるため、今を生きる努力をしているつもりなので、どうか暖かい目でみてやってください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で