読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

テニスの王子様より若気の至りと無我の境地と界王拳を比較してみた

過去記事

こんにちわ、身軽にぶろがーやってます、やっちです。

今日は若気の至りと、無我の境地の比較を行いたいと思います。

若気の至りとは

年齢が若いために、血気にはやって無分別な行動をしてしまうことのたとえ。

引用:故事ことわざ事典

無我の境地とは 

己の限界を超えたもののみが到達できるという場所(状態)

f:id:yacchi10034:20160909123623p:plain

引用:漫画 テニスの王子様より  

 

若気の至りってテニスの王子様的に言えば「無我の境地」感。

ドラゴンボール的に言えば「界王拳」感があると思っています。

若気の至りは無我の境地で界王拳?www

トチクルッタわけではないです。

けど若気の至りも無我の境地も界王拳も、

自分に無理をさせても、最良な選択肢だと判断している。

 

そうは思いませんか?

 

例えば無我の境地

主人公の天才テニス少年は相手の卑劣なテニスに苦しめられた中で、この状態に達します。

そしてその試合は負けそうな状況から逆転を果たしますが、終わった瞬間眠ってしまい、どうやって家に帰ったのかすら覚えていない状況になります。

これは飲み会でハメを外しすぎて記憶を無くし、朝まで駐車場で寝ていた僕の先輩=”若気の至り”に通じます。(若いうちにしかでけへんのや ドヤァって言ってましたw) 

 

そして界王拳

主人公の地球人とサイヤ人(宇宙人みたいなもの)のハーフである主人公は敵のサイヤ人による侵略から地球を守るとき、自分の力を何倍にも引き上げるこの技を使います。

界王拳は使いすぎると体がしばらく動かなくなります。

そのリスクは主人公の師匠も注意していました。

しかし主人公はリスク承知で使い続けました。

結果、侵略を防ぐことができたんですね。

これは某トリオ芸人の「押すなよ押すなよ」のノリ=”若気の至り”に通じていますね。 

若気の至りは良いの悪いの?

良いと思います!

その判断は最良な結果につながるかどうかはわからない、けどそれがベストだと思ったんですから。

天才テニス少年は試合に勝ち、地球人と宇宙人のハーフは地球を守り、僕の先輩は・・・(あれw?)、某トリオ芸人は笑いを産みました。

全て良い結果を産んでいます。これは勇気が出ますね。

これからは若気至ろう

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である中嶋聡さんもおっしゃっていました。

特に意識してとりかかる仕事は「界王拳20倍」をイメージして行うそうです。

あっでも中嶋さんはおそらく若気至ったわけではないです。(そして図ったわけでもないですw)

いやーオーラとか雰囲気だけじゃなくて、中身まで似ているとは思いませんでした。

若気至った方がなんか、人生楽しそうですよね!

これからはみんな、若気至ろう!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で