むーばりずむ 24歳トリリンガルのリアルな日常

京都出身の24歳:英、仏、関西弁のトリリンガル クリエイターハウス経営者のリアルな日常

9月のある日、24歳のぼくはたまたま訪れた場所の経営者になった

f:id:yacchi10034:20170804215321j:plain

 

こんにちわ、24歳トリリンガル、京都人のやっちです。

いきなりですが、ぼくは経営者になりました。

京都のカフェ・コワーキングスペースが併設されているゲストハウスの経営者です。

 

今日はその話をしたいと思います。

 

『カンノコ北大路』京都のカフェ・コワーキングスペースが併設されているゲストハウス

 

ぼくが経営することになったのは『カンノコ北大路』という場所です。

ここは京都の北大路駅から徒歩5分、

カフェ・コワーキングスペース雑貨屋、そしてゲストハウスとして宿泊もできる場所になっています。

f:id:yacchi10034:20170919183017j:plain

 

f:id:yacchi10034:20170919183541j:plain

f:id:yacchi10034:20170919183254j:plain

 

旅館業の営業許可は取得済み

個室が2つある小さなゲストハウスです。

 

まさか経営するとは思っていなかった

 

もともと、この場所は30代既婚の主婦さんが経営をしていました。

しかし、彼女はこの場所を受け継ぎ、「ここからだ!」というその時に妊娠が発覚しました

 

妊娠期間は動けない、ましてや産後の容態次第で自分がどうなるかもわからない

 

初めてお会いした時に、そう仰っていました。

 

ぼくは、彼女とSNSを通じて知り合いました。

「ゲストハウスの空いているスペースを活用して欲しい」という書き込みを見て、ぼくは会いに行きました。

そして詳しく聞いてみるとそういう事情があったんです。

 

「もうやっちさんにお任せしたいです。お任せしてもいいですか?」

 

・・・ぼくは引き受けてしまいました。笑

ぼくはゲストハウスの経営をするつもりなんてありませんでした。

でも「やってみたい」という気持ちが勝ってしまいました。

 

f:id:yacchi10034:20170919190222j:plain

f:id:yacchi10034:20170919190200j:plain

 

正直、不安でいっぱい。でもワクワクもいっぱい

いま、ぼくは不安がいっぱいです。

ここはリニューアルオープンしたばかり。

たくさんの予約も、たくさんの来店者も、たくさんの評価レビューもありません。

ホームページやブログ、予約サイトの体制も整っていません。

 

それに色々な人に反対もされました。

 

「経営なんてできるの?」

「社会人として経験を積んでからにしたら?」

「ぜんぜん予約が入らなかったらどうするの?」

 

仰る通りかもしれません。

でも、

 

やってみたいんです。

社会人としての経験は面接を受ければできるけど、ゲストハウスの経営は縁がなければできない。

そのときのことはそのとき考える。

 

そう自分に言い聞かせています。

この記事も自分に言い聞かせるつもりで書いています。

 

だから、ぼくはワクワクしているとみんなに言います。

あえてワクワクさせています。

不安半分、ワクワク半分で、24歳のやっちは経営者になります。

 

みんな遊びにきてください。

経営者だからといって、事務室でふんぞり返っているわけではありません。

掃除から買い出し、店番もやってます。

それにゲストハウスだからといって、泊まる人だけが来る場所にはしたくありません

 

みんなに遊びに来てほしい。

そんな場所にしていきたいんです。

これからもよろしくお願いします。

カフェコワーキングスペース&ゲストハウス-カンノコ北大路の詳細はこちら