むーばりずむ 24歳トリリンガルのリアルな日常

京都出身の24歳:英、仏、関西弁のトリリンガル クリエイターハウス経営者のリアルな日常

ぼくが実際にやった誰でもできるアフリカで生活をしながら日本円を稼ぐ方法

f:id:yacchi10034:20170515125322p:plain

 

こんにちわ、先月はアフリカから記事を納品していたやっちです。

冒頭でこんなこというのもどうかと思いますが、みなさんは挑戦しなさすぎですね。笑

 

例えば「アフリカから記事を納品していた」という一言を聞いて、

 

すげえ〜

とか

そんなんできるんやー

とか

どうやってやるん〜?

 

って思った人たちは挑戦しなさすぎです。

挑戦したら誰でもできることです。

けど、ぼくが「アフリカから記事書いてました〜」って言ったらみんな驚くんですよね。笑(それはそれで嬉しい)

 

そもそもみなさんは「アフリカでも仕事ができる方法」を知っていますか?

アフリカから記事を納品して、日本円の対価をもらう方法を知っていますか?

 

・・・知らない?

それなら今日のこの記事を読んでみてください。

そうすれば、その方法を知ることができます。

そして、みなさんでもできます。

挑戦すれば、あなたでもできます。

23歳の頃、ワード、パワポ、エクセル、グーグルぐらいしか使わなかったぼくでもできましたから。

 

 

 

誰でもできるアフリカで仕事をしながら日本円の対価をもらって生活する方法

 

まず答えを伝えておくと、アフリカで仕事をしながら日本円の対価をもらう方法はウェブライティングです。

ウェブライティングとは、パソコンで文字を打つ仕事です。

 

「パソコンとかむりやわー」

 

と思った人!

あなたはグーグル検索を使ったことが無いんですか?

ローマ字入力をしたことが無いんですか?

この仕事は「グーグルを知らない人」と「タイピングでローマ字入力ができない人」以外はみんなできます。

挑戦すれば。

 

それだけ敷居が低くて、アフリカでも、ヨーロッパでも、おじいちゃんおばあちゃんの実家からでも、日本円でお金を稼ぐことができる仕事の名前がウェブライティングなんです。

 

ウェブライティングの始め方

 

挑戦すればできるということはわかりました。

場所に囚われないということがわかりました。

次はこんなことを疑問に思うかと思います。

 

「どうやって始めたらいいの?」

 

ぼくはここでみなさんに言いたい。

まずは自分でググれよ、と。

ウェブライティング 始め方 とかでググればたくさん答えは見つかるでしょう。

というわけでぼくも試しにググってみました。

 

f:id:yacchi10034:20170720200630p:plain

 

ほら、たくさん出てきました。

ほんとにたくさん出てきました。

「〜のまとめ」とか「〜12の○○」とか・・・

 

 

これはたくさんすぎます。

 

 

こんなに要りません。

ウェブライティングの始め方で、必要なことは1つだけ。

それは

 

 

仕事が載ってるサイトに登録する こと。

 

 

ほんで、そういうウェブライティングの仕事が載ってるサイトもたくさんあります。

そんなたくさん要りません。

ここで教えるのは、今度は2つだけ。

 

ランサーズクラウドワークス だけ

 

ウェブライティングならこの2つが単価も高くて、仕事の種類も多くて、たくさんの人が登録してて、ぼくもこれらを利用しているのでおすすめです。

あとはここで仕事を見つけて、ばんばん申し込んで、ばんばん仕事をこなすだけです。

応援してます!

 

まだ「ぼくはパソコンなんかようでけへん」って言う人へ

 

みなさんは知ってましたか?

こういうサービスがあることを。

 

そして、ここに来てもまだ「ぼくはパソコンなんかようでけへん」って言う人がいます。

ぼくは構いませんよ、やってもやらなくても、それは個人の自由ですから。

 

ただ、世界のどこでもお金を稼げるようになりたくないんですか?

時間と場所に縛られない生活を送りたくはないんですか?

アフリカのセネガルのビーチで執筆活動をしてみたくないですか?

パリのセーヌ川沿いのカフェでMacbookを叩いてみたくないですか?

 

これがそのスタートになります。

 

ぼくでもできたんだからあなたでもできます。

ぼくは冒頭に言いました。

「みなさん、挑戦しなさすぎ」って。

あなたはどうしますか?