読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。大学卒業後、半年で会社を辞めました。3月から海外をぶらぶらしてきます。

【スポンサーリンク】

宮森はやとの50円人生相談の感想「相談相手としては間違いだった」

後悔した話

f:id:yacchi10034:20170303184241p:plain

 

宮森はやとさんの50円人生相談の機会があった。

宮森さんは炎上して叩かれたりするブロガーで、変わった人かもしれないが、おれは面白そうな人だと思った。

そんな人が人生相談を聞いてくれるというなら、ぜひお願いしたい、そう思った。

今日はその感想を書きたいと思う。

 

www.miyahaya.com

 

 

おれが宮森さんの50円人生相談を受けようと思った理由

 

おれが相談してみようと思った理由、

はじめは純粋なブログ相談をしようと思っていた。

 

この数日間は本当に悩んでいたから。

”プロブロガー”の話を聞いてみたかったから。

 

しかし、ブログに対する悩みは、相談する前におおよそ解決していた。

 

そもそもおれは相談が苦手だ。

人から解決策を聞いたって、結局のところ決めるのは自分だと思っているからだ。

人から聞いた解決策を実行し失敗したって、その人を恨むことはできないし、悔やんでも悔やみきれないからだ。

 

とはいえ、せっかくの機会だ。

おれが自分で解決できた、ブログの悩みに対する答えをそのまま”プロブロガー”に伝えてみよう、と思った。

 

で、当日、おれはその答えを伝えた。

 

宮森はやと50円人生相談の感想

 

そこから2時間ほど話をした。

 

宮森さんはその答えを肯定してくれたし、応援してくれた。

それにプラスして宮森さんのブログ論なども聞かせてくれた。

そして今後、宮森さんがどんなことをするのか、もちょっと聞かせてもらった。

 

とても参考になった。

なるほど、と思うことはいくつもあった。

 

おれがこれからしようと思っていることも伝えて、それに対するアドバイスもくれた。

ブログを見て「もっとこうした方がいい」と宮森さんなりの意見もくれた。

 

ただ、感想を一言で伝えると「相談相手としては間違いだった」となる。

  

相談相手として、ではなく

 

宮森さんはどんな人なのか。

経歴だけを見れば、だいぶ変わっている。

 

仕事を転々としたり、プロジェクト運営をしたり、政治家を志したり、

かと思えばプロブロガー宣言をしたり、シェアハウスを立ち上げたり、借金背負ったり、アル中になったり、

 

波瀾万丈とかそういう四字熟語が似合いそうな人だ。

 

ただ、相談となると話は別だった。

 

「相談中の宮森さんは変わった人ではなかった」

「相談相手としては普通に良い人だった」

「ならば相談相手ではない、変わった宮森さんの話を聞けば良かった」

「宮森さんには ”相談” するより ”一方的に喋っていただく” ほうが良かった」

 

とおれは感じた。

 

これはどういうことか。

「相談」形式で話をすると、相談者が会話の主導権を握ってしまっていることになる。

それは非常にもったいないことだ。

 

おれの話など正直言ってどうでもいいのだ。

変わった人と話す機会があるなら、変わった人が話してくれることを聞けばよかったのだ。

もっと質問攻めにしたらよかった。

もっと経験則の話を聞けばよかった。

 

そうすれば、もっと他人の経験を盗むことができたのに。

少し後悔している。

 

感想「相談なんかもったいない、話をしてもらえ、それで自分で考えろ」

 

”宮森はやと50円独演会”にしたらよかった。笑

(こうなると費用は変わるかもしれない)

 

文中でも少し触れたがおれは相談が苦手、決めるのは自分だからだ。

 

そんなおれは宮森はやと50円人生相談を振り返ってこう思う。

 

相談なんかもったいなかった。

話をしてもらえばよかった。

それを聞いて、奪って、自分の中に落とし込んで考えればよかった。

 

いまのおれにとって宮森さんは相談相手としては間違いだった。

宮森さんは色々な経験をしてきた人として話を聞ける相手で、50円人生相談はその機会だった。

 

これはみんなにも伝えておきたい。

 

人生相談なんてそんなもんかと思う。

 

結局、悩みなんて自分で解決するものだ。

 

自分で解決するには色々な情報や経験を、自分の中に仕入れることだ。

 

 

もしただすっきりしたいだけなら愚痴聞き屋に頼め。

おれが聞いてやる→やっちの愚痴聞き屋

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で