読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

熟練の23歳男子が気付いたマッチングアプリを使う3つのデメリット

過去記事

f:id:yacchi10034:20170224234641p:plain

 

こんにちわ!やっちです。

 

最近は出会いがないとなげく、若者が増えているように思います。

 

昔はナンパや合コン、知人の紹介とかだった出会いも、最近では街コンやマッチングアプリに変わってきているようですね。

 

しかし「マッチングアプリのデメリット」について考えたことはありますか?

ぼくはマッチングアプリをバンバン使ってたときがあるので、そのことについて人一倍詳しいのです。

 

そのデメリットを3つ、みなさんにご紹介したいと思います。

お手軽な出会いを引き寄せるマッチングアプリに潜む罠とは一体・・・。

 

 

23歳男子が気付いたマッチングアプリを使う3つのデメリット

 

1.登録者の4割はねずみ講

 

まずは「ねずみ講」の割合が高いということです。

 

ぼくがまだマッチングアプリ始めたてだったころに6人の女性と出会いましたが、そのうちの4人がネットワークビジネスでした。(爆)

 

その後、かたぎ?の女性とも出会いましたが、体感的には4割ほどがねずみ、マルチ、ネットワークビジネスです。

 

彼女らは外見では判断できません。

喋りも上手く、聞き上手で、巧みに誘導してきます。

ちゃんと心構えをしておかないと、弱い人はつい引き込まれてしまうかもしれません。

 

気付いたらア○ウェイの商品が手元にあるなんてことも・・・。

ねずみ講には要注意です。

 

2.まだまだ世間から嫌われている

 

次です。

マッチングアプリは話題になっているとはいえ、まだ毛嫌いする人も多くいます。

なので「マッチングアプリやってるねん!」と言うと、リアルでモテない可能性があります。

わざわざ言うことでもありませんが、

友達に「どうやって知り合ったのー?」と聞かれることもあるので注意しましょう。

 

またつい先日、知人からこんなことを言われました。

 

知人「マッチングアプリで知り合って結婚した、って自分の子どもに言える?」

 

重いセリフ・・・。

ぼくは別に気にしませんが、こういうデメリットもあるんだなと気付かされました。

気にする人はマッチングアプリを使わない方が良いのかもしれません。

 

3.課金して実際に会った女子がサギ写の可能性有り

 

最後です。

マッチングアプリはほとんどが有料です。

やり取りするためにお金を払う(月額3000円くらい)のですが、それで会った人がサギ写の可能性は高いです。

 

これも経験談です。

上から写真を撮っている女子は顔が大きい。

手を顔に添えている女子はアゴが出ている。

下を向いている女子は目が小さい。

 

一番良いのは複数の写真を掲載している女子です。

「snow」や「プリクラ」「普通の写真」など、様々な写真を掲載している人を選びましょう。

 

それで情報を集めて想像しましょう。

写真が一枚だけだとリアルでは幻滅します。

 

終わりに「マッチングアプリはお手軽で便利」

 

最後になりましたが「マッチングアプリはお手軽で便利」です。

月額3000円だとしても、街コンや合コンよりコスパは良いです。

当たり外れはありますが、それはマッチングアプリに限ったことではありません。

 

上手く使えばたくさんの女性とつながります。

ぼくは1ヶ月でいいね60個獲得しました(笑) 

デメリットは理解した上で、良い出会いを探しましょう!

 

よかったらこちらもどうぞ。

note.mu

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で