読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

2018卒の就活生へ、新卒で会社に就職は義務ではないよ

過去記事

f:id:yacchi10034:20170201194500p:plain

 

こんにちわ、やっちです。

就職活動を迎える学生へ伝えたいことがあります。

  

新卒で就職は義務じゃないんだぞー

 

新卒就職は義務ではない

 

新卒で会社に就職することは義務ではないと思います。

なので就職したくないなあーという人は就職しなくても良いと思います。

 

海外には「ギャップイヤー」というものがあります。

高校卒業後や大学卒業後に、すぐに進学したり就職したりせずにしばらくふらふらするやつです。

 

このふらふらは1年でも2年でも別に構わないと思います。

 

お金を貯めて海外旅に出ても良いし、ぜんぜん知らない業界でアルバイトとして働いてみることだって良いと思います。

卒業したらすぐに就職する必要なんてどこにもないんですよ。

なんなら、会社に入りたくないなら自分の力で稼いで生きていけばいいんです。

 

ぼくは新卒で会社辞めました

 

そんなぼくは学生時代から働いていた職場でしたが、新卒から半年で辞めました。

ぼくは夢を追いかけようと思ったからです。

 

ぼくの夢はたくさんありますが、

まずは「英語とフランス語とスペイン語を話せるようになること」

です。

 

なので2017年3月からアフリカのフランス語圏に行ってきます。

ぼくは英語がもう話せるので、つぎはフランス語を学んできたいと思います。

 

こういう気持ちで新卒で会社を辞める人間だっています。

そう思うと、就職は必ず新卒でしなければならないとは思えなくないですか?

 

新卒で就職する理由

 

ここまで言っても「新卒で就職しておかないと・・・」と思う人もいるかもしれません。

 

なんでそんなに新卒で就職することにこだわるんですか?

 

大企業に入りたいからですか?

大企業は確かにブランド力があります。

入社して、その肩書きが役に立つことは否定できないです。

 

でも大企業だって落ち目になります。

例えば、いま「電通の○○と申します」なんて言ったら嫌われますよね。笑

他にも東芝やシャープだって同情の目をされます。

 

それに仕事は思っているよりもずっとたくさんあります。

こないだハローワークを訪ねたら「スウェーデンの求人」と「メキシコの求人」を受け取りました。笑

英語が話せると言っただけでですよ。

 

新卒以外に求人はないと思っている人は求人サイトを見てみてください。

マイナビエージェント

Wantedly Visit - 転職に使える会社訪問求人アプリ - Wantedly, Inc

 

個人の力と実績と経験→「なにを成し遂げたか」

 

いまの時代で、会社の肩書きブランドよりも優先しなきゃいけないのは個人の力と実績と経験です。

 

ぼくは英語が話せるだけでなにもしていないのに仕事の幅が広がりました。

そこにフランス語スペイン語が加わればどうなるんだろうか、

またそこにプログラミングや法律の知識が加わればどうなるんだろうか、

そして自分で起業したりすれば就職のことを考える必要も無くなるんじゃないか、

 

これからは「どこに入社したか」よりも「なにを成し遂げたか」が注目されます。

だからぼくは新卒で会社を辞めてでも、一つ一つ、なにかを成し遂げたいと思っています。

 

そういう意味でいうとまずは就職してもいいのかもしれませんね。

やりたいことが無い人はとりあえず就職しておきましょう。

 

ただし、やりたいことがある人は必ずしも新卒で就職する必要はないです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で