読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

自分の迷走とともに変えてきた肩書きをさらに変えてみた

過去記事

f:id:yacchi10034:20170114170452p:plain

こんにちわ!やっちです。

今日はぼくの肩書きの移り変わりについて書いてみたいと思います。

ぼくは肩書きを決めては変え、決めては変え・・・、を繰り返していました。

そんな迷走っぷりをぜひ、みなさんにも見てもらいたいと思います。

そして、ぼくの今後の肩書きを発表したいなーと思っています。

ぼくの肩書きの移り変わり

まずはずらっと並べてみます。

  1. 身軽ブロガー
  2. 元ゲストハウスマネージャー
  3. ゲストハウス行脚
  4. ライター
  5. ゆとり管理職
  6. アフリカ行きます
  7. グローバル人材候補生

こんな感じです。

なぜ肩書きが移り変わるのか

なぜぼくは自分の肩書きをコロコロ変えているのか。

それはぼく自身が、自分の置かれている状況を説明できていないからだと思います。

は?

 

こうなりますよね。

ぼくは会社を辞めてから、ずっと迷子なんです。

やりたいことがあったわけでも、ブラック企業がイヤになったわけでもない

フリーランスの人たちって「やりたいことがあったから」とか「ブラック企業はもうイヤだ」とかって理由で、会社を飛び出す人が多いんですよね。

でもぼくは違います。

特にやりたいことがあるわけでもないし、ブラック企業に勤めていたわけでもない。

いまとりあえずもがいてるんですよね。

ブログのタイトルのように「身軽になる」ことを目指して、会社に勤めること以外の方法でも生きていけるのか。

それを人生を懸けて試している感覚なんです。

今後の肩書き

で人生を懸けて、色々なことを試しているうちに、「また肩書きを変更したいなー」と思いました。

これで8回目の変更です。

 

で今後の肩書きは

 

「国際派ゆとりフリーランス」

 

を考えています。

 

「えっ?」

 

「これでもまだざっくりしてるって?」

 

仕方ないです。

まだ迷走中ですから。

ぼくは2017年春からアフリカへ行きます。

予定では半年、最大で1年間、アフリカからヨーロッパをまわって帰国します。

さらに行けるなら中南米のメキシコやグアテマラ、キューバにも行きたいなーと思ってます。

だいぶ国際派でしょう?

だいぶゆるいでしょう?

これが国際派ゆとりフリーランスの真骨頂です。

感想

今回決めた肩書き「国際派ゆとりフリーランス」はけっこう好きなんです。

なんだか、迷走中の自分に似合っているというか、

海外思考で、ユルくて、フリーで活動してる、ぼく、みたいな。

いいよね、こういうの。

というわけで、今度ともよろしくお願いします。

やっち。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で