読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むーばりずむ 身軽に生きる。

23歳、京都在住のさとり世代。身軽に生きてます。大学卒業後、半年で会社を辞めました。いまはアフリカをぶらぶらしてます。

【スポンサーリンク】

23歳ゆとり世代のぼくが考えるグローバリズムと日本の経緯度の関係

過去記事

f:id:yacchi10034:20170112234440p:plain

こんにちわ、やっちです。

「急にどうした?」と思われる方も多いでしょう。

今日は京都市営の37番のバスに乗りながら、ぼくの感覚的なことをぶつぶつと考えていました(注:ブツブツと唱えていたわけではありません)

するとハッと!ひらめいたのです。

 

「おれは東経135°北緯35°辺りの地域は過ごしやすいと思っているだけなんだ」

 

って。

詳しく説明しますね。

ぼくの夢

まず、ぼくの夢は「世界のどこにいても生活と仕事ができるようになる」ことです。

難しそうな夢に思えますが不可能ではないと思っています。

例えば「クラウドワークス 」や「 ランサーズ 」といったクラウドソーシングを利用すれば、世界のどこにいても仕事ができます。

そしてその国の言葉を覚えれば生活ができます。

こういうことをぼくはしたいんです。

「東経135°北緯35°辺りの地域は過ごしやすい」とは

で、この記事のタイトルでもある「東経135°北緯35°辺りの地域は過ごしやすい」とはどういう意味でしょうか。

東経135°北緯35°はどこの国を指しているか分かりますか?

そうです。

日本です。

東経135°北緯35°地点は厳密に言うと兵庫県西脇周辺ですが、あくまで日本という定義でよろしくお願いします。

ぼくにとって日本は

「地球上で東経135°北緯35°の場所」なんです。

そしてそこはとても過ごしやすい場所なんです。

(何を言っているんだこいつは、と思わずに続きを読んでください。泣)

ぼくは「グローバルに動いていたい人」なんだということに気付いた

ぼくは日本国をそういう見方で見ているということに気づきました。

そしてぼくにとって他の国を「外国」とする感覚は薄いです。

外国は「日本の外」というより「地球上のある地域」という感覚です。

それは「日本国」も同じです。地球上の東経135°北緯35°地点にある地域。

だから、ぼくがアフリカに行くと言って驚く人も多いかもしれませんが、ぼく的にはアフリカという地域に行くだけなんですよね。
【吉報】23歳無職の男はアフリカへ行くことを決めました

分かりやすく言うと、近畿から四国や関東みたいな違う地方に行くような・・・そういう感覚です。

これをぼくの肩書きに追加することにした

こういうことを考えて、ぼくはぼくを「グローバルに動いていたい人なんだな」と思いました。

グローバルとは世界規模のこと。

「日本と外国」という感覚が薄いぼくにはぴったりの言葉です。

そこでぼくは肩書きに「グローバル」を加えてみたいなと思いました。

しかし、ぼくはまだグローバルなことをできていない。

というわけで「グローバル人材候補生」と名乗ってみることにします。

わかりやすいでしょう?

候補生である理由はまだグローバルなことを実行していないから。

これからは候補生を卒業できるように、そして世界のどこにいても生活と仕事ができるようになるために、積極的に動いていきます!

終わりに、改めて自己紹介を

こんにちわ、改めましてグローバル人材候補生のやっちです。

「世界のどこにいても生活と仕事ができるようになる」という夢を持っています。

いまは主にブログ、ライター業、サイト運営などを行っています。

よろしくお願いします。

 

これでやってみよう。

なんか政府が推進しているプロジェクトに加盟しているみたいですね(そんなの無いw)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で